プロケーブル(ProCable)の主張が全て真実だったとは?・・青天の霹靂か!

プロケーブル(ProCable)の主張が全て真実だったとは?・・青天の霹靂か!






当店プロケーブル(ProCable)社というオーディオショップは、世を騒がせている驚異的なオーディオショップであると、幾人ものお客様が認識されている事は知っております。

 

実に、プロケーブル(ProCable)社の書いている事が全部本当だとしたら、とんでもない事になってしまうのです。約一世紀にも及ぶ、日本の(世界の?)のオーディオの歴史が、プロケーブル(ProCable)社によって、あっけなく壊されてしまうという事を意味するからです。名だたる大企業の集合体を、プロケーブル(ProCable)社が、完膚無きまでに転覆させてしまうとは、なんと恐ろしくも痛快な事でしょうか。

さて、プロケーブル(ProCable)社のスタッフ自身が、プロケーブル(ProCable)社のサイトの、あの有名な「鬼門コーナー」を、よくよく読んでみると、プロケーブル(ProCable)社にまつわる、非常に面白い現象がそこにあることに気がつきます。やはり、無視する事が出来ない内容なのです。

 

皆さんの幾人かは、30年間から50年ものキャリアのオーディオマニアである事もあり、無視する事の出来ない内容が、そこには書いてあるのです(プロケーブル(ProCable)社が、オーディオゾンビと呼ぶ、その人種こそが、彼らなのです)。

 

そういうわけで、プロケーブル(ProCable)社の言い分を無視するようなオーディオマニアは、オーディオマニアのもぐりであり「オーディオゾンビ」であると、断言出来るほどの事が、当店、プロケーブル(ProCable)社のサイトには書いてあります。

 

興味のあるかたは、プロケーブル(ProCable)社の「鬼門コーナー」を、ぜひとも読んでみてください。

 

あるブロガーは、当店、プロケーブル(ProCable)社の「音の焦点」について、こう書いていました。

 

>この事は、『プロケーブル(ProCable)社』では、「音の焦点」として語られている事で、今まで誰か
>らも聴いた事がない事でした。
>しかし、プロケーブル(ProCable)社の主張通りに試してみると、まさしく目から鱗状態でした。
>よく言われる、「スピーカーケーブルは太い物をアンプと最短に繋ぐのが良い」という
>事が、プロケーブル(ProCable)社の言い分通り、全くの間違いだという事がわかりました。
>何度も何度もトライ&エラーを繰り返すことにより今まで聞こえなかった音、
>判断がつかなかった音の差、確信が持てなかった優劣、そのような
>物が少しづつ解ってきました。これこそがオーディオの醍醐味であり、プロケーブル(ProCable)社が目指
>せと指針を出している方角なのです。
>そしてある日、目の前に歌手の顔がぽっかりと浮かび上がる日が訪れます。
>プロケーブル(ProCable)社の言うところの、生音の出現です。

 

以上、多少の改変はさせていただきましたが、書かれていた内容を要約すると、ほぼ上記の通りです。

 

結局のところ、「音の焦点」を合わせるだけの集中力も忍耐力も無い、「無能な人間」(オーディオゾンビ)、途中で放り出してしまう「能無し人間」(オーディオゾンビ)だけが、プロケーブル(ProCable)社を批判しているのではないか???、というのが、当店が日々感じている疑問です。

 

びっくりするのは、●oshii9などという、プロケーブル(ProCable)社が、最初から「おもちゃ」に過ぎないと断言しているほどのユニットしか積んでいないスピーカーをすら、プロケーブル(ProCable)社が、会社として、これは絶対として推薦している、純プロ用のTOUR Xと比較している者まで出現している始末ですから、最初から「能無し人間」など、話にもならないのです。ネットには、その程度のレベルの人間(オーディオゾンビ)が、異常とも言えるほど大勢のさばっていますので、ネットを信用しないでください。

 

そういう忍耐力の無いかたは、●oshii9というようなおもちゃでいいのかもしれませんが・・・。(その代わり、その程度の人間が、ネットにややこしい事を書くな!)

 

ただし、おもちゃにも、おもちゃとしての、存在価値はあります。当店もそれゆえ小型スピーカーを、「おもちゃ」だと公表したうえで、出しています。おもちゃは、それほど神経質にならなくても、鳴らせるのです。

 

しかし、おもちゃは、「音の焦点」など、調整出来ません。それだけの高域の再現力が始めからありません!!「音の焦点」など、おもちゃには、存在しないのです!!

 

そんな事も分からない「能無し人間」が多すぎるのです。

 

 

さて、当店プロケーブル(ProCable)社が、最も批判されやすく、実際にも批判されている筆頭として挙げられる、「音の焦点」でさえこの始末であるのならば、プロケーブル(ProCable)が書いている事は、ほぼ間違いなく、全て真実である可能性のほうが大きいという事です。

 

という、おそろしい事実こそが、全国から注目されている、プロケーブル(ProCable)社にまつわる様々な憶測の中でも、特に当店プロケーブル(ProCable)社が言わんとしている事です。

 

あぁ、恐ろしきかな、オーディオ業界!そして、過去のあなた自身の姿でもありますが、当店プロケーブル(ProCable)社の「造語」によりますところの(オーディオゾンビ)!!